トップページ > 外貨MMFをもっと知る! > 繰上償還について

繰上償還について

繰上償還について

ユーロ金融市場における金利低下により、
各証券会社において、2012年末をもって・・・
ユーロ建て外貨MMFの繰上償還が行われました。

過去に例がない事例だった、
「繰上償還」について説明しておこうと思います。


各証券会社の繰上償還について

※ 以下記事は2012年末時点での記事となります


ユーロの下落、ユーロ市場における金利低下により、
健全な投資が不可能になると見込まれ、2012年末をもって、
ユーロ建て外貨MMFが繰上償還されます。


各証券会社のユーロ建てMMFの繰上償還予定

証券会社 買戻し(換金)申し込み受付期間 償還日予定 返還通貨 スイッチング
カブドットコム証券 証券会社の公表なし 2012年12月中 円貨
楽天証券 2012年9月10日から開始 2012年12月6日 ユーロ 調査中
SBI証券(※1 2012年12月4日13:00まで 2012年12月6日 ユーロ(※2 調査中
大和証券 2012年10月30日まで 2012年11月1日 調査中 調査中

※1 ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドのみ
※2 2012/12/4までに売却しない場合はユーロで返還


繰上償還について簡単に説明すると、
現在保有しているユーロ建て外貨MMFが償還される期日をもって、
運用していたお金が円貨、もしくはユーロで返ってきます。

どちらの通貨で返還されるかは証券会社によってことなります。
そして返還されたお金は、証券会社口座にて預り金として保有されます。

もしくは、証券会社によってはスイッチングが可能であれば、
他のファンドへスイッチングする()方法もあります。

他の外貨MMF、外債など他のファンドへ転換する方法です。

返還された資産をどう運用していくか?
今後の運用を考えていく必要がありますが、運用方法例を紹介しておきますね。

MRFを利用して運用する

MRFを利用できるのは個人投資家の方のみとなりますが、
銀行で預金するよりも高い利回りで運用することが可能です

MRFとは

  • いつでも換金可能、申込・解約手数料なし(購入当日の解約が可能)
  • 安全性が高い短期公社債などで運用するため、元本割れリスクなどが低い
  • 1か月の分配金を複利運用可能

以上のような特徴を持っています。

一見すると、外貨MMFと同じのように感じますが、
外貨MMFとは異なり、預け入れしたその日でも解約することが可能です。

ただしMRFは証券会社によって、
取扱いしているところ、していないところがあります。

MRFを取り扱っている証券会社

証券会社 商品名 金利
マネックス証券 日興MRF 0.008%
楽天証券 ダイワMRF 0.078%
SBI証券 野村MRF 0.068%

上記の証券会社であれば、MRFを取り扱っていますが、
MRFを利用する手続きは必要ありません

証券会社の口座に預け入れした時点で既にMRFで運用されている()からです。
信用取引口座、先物・オプション取引口座は対象外となります。

マネックス証券楽天証券SBI証券の場合であれば、
今回の繰上償還で返還された資産は、円貨に換金した状態であれば、
MRFで運用することが可能というわけですね。