トップページ > 外貨MMFをもっと知る! > 積立投資するメリットって?

積立投資するメリットって?

積立投資するメリットって?

外貨MMFで投資するなら「積立投資」といった、
毎月コンスタントに投資していく方法もおすすめです♪

ここでは毎月ある一定の金額を投資することで得られる、
積立投資のメリットについて紹介してみようと思います!


毎月10,000円分投資する!

毎月決まった金額、例えば10,000円分貯金する感覚で、
外貨MMFに投資してみる、いわば積立投資をしてみるとどうなるでしょうか?

毎月決まった金額を投資するとなると、為替レートは変動しますので、
多く外貨を購入できることもあれば、少ない時もあります。

理想としては、為替レートが安い!
と思う時に投資すれば一番良いとは思いますが、
なかなか相場を読むことは難しいですし、安い!と思って買っても、
実は為替レートの底値でない時もあるでしょう。

そこで!毎月決まった金額分を購入することで、
底値で買う為替レ―トほど安く買えるわけではないですが、
為替レートの平均よりも安く通貨を買うことができるんですね!

その方法を「ドルコスト平均法」といいます。

ドルコスト平均法で効率よく外貨を運用する!

運用方法の一つに、ドルコスト平均法という方法があります。

ドルコスト平均法とは、毎月投資する上で、
毎月同じ金額分だけ投資していく方法のことをいいます。

例えば、為替相場どうであれ、
毎月10,000円分決まって投資し続けていくわけです。

勿論、為替レートによっては、
多く外貨を買うことが出来る時もあれば、少なくってしまう時もあるでしょう。
ただ毎月同じ金額を投資し続けていくことである現象が起きます。

下記表を見てみてください。


下記相場で毎月10,000円分米ドルに投資した場合

相場(1米ドルあたり) 80円 76円 70円 82円 90円
購入出来た米ドル数 125ドル 131.6ドル 142.9ドル 122ドル 111.1ドル

※為替レートは分かりやすいように大きく変動させています。

※小数点以下は切り捨てています。

以上のように、相場によって買える外貨数は異なってきます。

ただ毎月決まった金額を投資していくことで、
より良い条件で投資することができるようになるんです!

どういうことかといいますと、
相場の平均から購入できる米ドル数を計算してみます。

(80+76+70+82+90)÷5=79.6円

10,000円÷79.6円=125.6円

125.6ドル購入できることとなります。
ただドルコスト平均法で購入した米ドル数を平均してみると・・・

(125+131.6+142.9+122+111.1)÷5=126.5

わずか0.9ドルという差ですが、相場の平均数よりも、
有利な条件で購入できることがわかると思います。

またドルコスト平均法を用いることで、
投資時の為替変動に一喜一憂せず投資できる点もメリットです。

毎月投資する金額は個々の投資したい金額で構いませんが、
同じ金額を積み立て感覚で投資していくことがメポイントですね!