トップページ > 外貨MMFをもっと知る! > 税金について

税金について

税金について

外貨MMFの利益は、
「分配金」と「為替差益」で得られます。

利益に対して課税されるものですが、
外貨MMFの場合、どのように課税されるのか?

ここでは外貨MMFに課せられる、
税金について説明していきたいと思います。


分配金には20%の課税がかかります

外貨MMFで得られた投資した運用の結果によって、
毎月支払われるのが分配金(利息)ですが、
この分配金には税金がかかります。

課税されるのは20%()の源泉分離課税です。

2013年1月1日~2037年12月31日まで、
 復興特別所得税の対象となりますので20.315%へ変更されます。

この源泉分離課税は、外貨MMFの分配金によって得られた、
所得にのみ税金がかかるというものです。

ですから、他で得られている所得は関係ありません

税金となると気になるのが確定申告ですよね。
結論からいえば・・・この分配金の確定申告は必要ありません

なぜなら、外貨MMFで支払われる分配金は、
既に証券会社側で源泉徴収されているんです。

そのため、確定申告の必要はないというわけなんですね♪

為替差益が非課税です!

外貨MMFで得られる利益の一つ、
為替差益に関しては、基本的に税金はかかりません!
これが外貨MMFの旨みでもあるわけです♪

実は為替差益に税金がかからないのは外貨MMFだけです!

これがFXや外貨預金の場合だと、
為替差益には「雑所得」といった形で税金がかかります。

外貨MMFの利益はこの為替差益による部分も大きいので、
為替差益が非課税であることは大きなメリットなんです!

外貨MMFも証券会社によっては、
為替差益が雑所得として課税対象となる場合があります

例えば、外貨MMFを購入する場合、
「円貨→外貨へ換金→外貨MMF購入→外貨で受け取り」といった手順で、
外貨MMFを購入する証券会社の場合が該当します。

当サイトで紹介している証券会社でいえば、SBI証券が該当します。

雑所得って?

FXや外貨預金は為替差益に対し、
雑所得として課税されるといいましたが、
ついでに雑所得について簡単に説明してみたいと思います。


雑所得について

雑所得の課税の有無に関しては、
まず大きく分けるとすると、年末調整の有無が挙げられます。

もし年末調整をしていなければ必ず確定申告は必要となります!

年末調整をしている場合といえば、
サラリーマンなど、会社勤めで給与所得がある方ですよね。

年末調整をしていない場合といえば、
主婦・年金生活、自営業をされている方が該当するかと思いますが、
どのような場合であっても、必ず確定申告が必要です。

それに対し、年末調整を受けている場合であれば、
下記条件を満たすことで、確定申告が不要となります。

年末調整を受けた給与所得者の1年間の雑所得、
所得金額(収入から必要経費を差し引いたもの)が20万円以下の場合

ただし、上記条件を満たしていても、
年収が2,000万円を超えるなど、確定申告の義務が発生する場合は、
確定申告が必要となる(雑所得も課税対象となる)ので注意が必要です。

以上を踏まえた上で、
外貨預金・外貨MMF・FXにかかる課税分類は、以下のようになります。

外貨預金・外貨MMF・FXにかかる雑所得一覧

損益 外貨預金 外貨MMF FX
利息(※1 源泉分離課税 20% 源泉分離課税 20% 申告分離課税 20%
為替差益 総合課税(累進課税) 非課税

※1 外貨預金=利息、外貨MMF=分配金、FX=スワップ益


では外貨預金とFXの場合について説明していこうと思います。


外貨預金の場合

外貨預金の雑所得は源泉分離課税以外に、
総合課税(累進課税)として、最大50%の税率で税金を徴収されます、、

所得に応じた総合課税額一覧表

課税所得金額( 税率(住民税一律10%含む)
195万円以下 15%
195~330万円以下 20%
330~695万円以下 30%
695~900万円以下 33%
900~1,800万円以下 43%
1,800万円~ 50%

その他所得=外貨預金の為替差益以外にある所得も含みます。


FXの場合

FXの場合、為替差益に課税される雑所得(申告分離課税)は、
他の所得とは関係なく、一律20%の税率で課税されます)。
平成24年1月1日以降の取引に関して対象となりました。


外貨投資の場合、為替差益が占める利益の部分が大きいので、
為替差益の利益が雑所得として課税される点は見逃せないポイントですよね。

税制面から考えても資産運用をするなら外貨MMFがおすすめ!

資産運用には外貨MMFがおすすめなのは、
やはり税制面、為替差益が非課税であるということに尽きます!

それは利益の大部分を占める、
為替差益で税金を引かれることがないからです。

それに対し、外貨預金であれば為替差益に課税(総合課税)されますし、
FXの場合も申告分離課税20%が課税されます。

特に外貨MMFはFXと比較されることも多いのですが、
為替差益を狙って運用するのであれば、為替差益が非課税であることで、
資産の目減りを防ぐことに繋がる可能性もあります()。
為替差益が非課税であるメリットは、
  「為替差益にかかる税金について」で詳しく説明しています♪

また外貨MMFの場合、為替差益が非課税なだけでなく、
分配金による利益に対しても確定申告が不要
煩わしさもないのは魅力的ですよね。