トップページ > 外貨MMFをもっと知る! > 税制改正で為替差益が課税される!?

税制改正で為替差益が課税される!?

税制改正で為替差益が課税される!?

税制改正で為替差益が課税されるかもしれない、、
そんな噂が囁かれていることを気にされている方もいるのでは?

現状で把握できている情報をお伝えしておこうと思います!


2013年or2014年の税制改正がポイントとなる!

管理人も外貨MMFの為替差益が、
課税される可能性があること知った時はビックリしました、、

これは2014年の税制改正、もしくは早ければ2013年の税制改正で・・・
外貨MMFの為替差益が課税対象となる可能性があるとのこと。

もし為替差益が課税対象となってしまうと外貨MMFの魅力が半減、
外貨MMFの旨みがなくなるといっても過言ではありません(泣)

税制改正の時期は例年秋ごろですので、
2013年度の税制改正は管理人も注目しています

税制改正の情報は当サイトでも、しっかりお伝えしていこうと思います!

もし為替差益に課税されるようになったらどうなるの?

為替差益が課税されるとなると、どういう区分で課税されるのか?

これは申告分離課税扱いで課税されるといわれ、
為替差益に課税される税率は20%であるといわれています。

しかし課税されるようになれば、為替差損(売却損)が生じた時には、
損益通算することが可能となります()ので節税は可能となります。

現状、外貨MMFは為替差損で損益通算はできません。

とにかく現状のところ、はっきりしたことがわからないため、
明確な情報をお伝えすることはできません、、

外貨MMFの為替差益も課税対象となるかもしれないことを、
頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。

為替差益が課税されるのであれば外貨MMFはやめたほうがいい?

ひょっとしたら為替差益に課税されるなら、
これから外貨MMFは始めないほうがいいんじゃない?

そう思われるかもしれませんが、管理人はそう思いません。

なぜなら、

  • まだ為替差益に課税されると決まっていない
  • もし課税されるとしても税制はまた変わるかもしれない
  • 損益通算できる点はメリットである

・・・からです。

特に税制改正は将来・・・
吉とでるか凶とでるかさえわかりません、、(苦笑)

例えば、FXの場合でも2012年の税制改正により、
総合課税から申告分類課税に変わり、税率が一律20%になりました。

これはFXで多く稼いでいた方にとっては朗報でした(最大50%だったため)が、
195万円以下の方は反面、15%の税率から5%上がってしまいました、、

税制改正で明暗が分かれる結果となったわけです。

このことからもわかるように、
将来のことを現状で判断することは難しいわけです(汗)

とにかく!現状では外貨MMFは為替差益が非課税ですし、
有利に働く税制改正が行われる可能性もあります

どちらにせよ、外貨預金をされるよりは外貨MMFのほうが、
少額投資可能、好利回り、満期がない、いつでも換金することができるなど、
外貨MMFにメリットが多いことは確かですね。